仙台初詣就職成就 IT業界就職 必勝法

IT業界の職種 教育

仙台初詣就職成就 目指せ!IT業界

仙台初詣就職成就 IT業界の職種 教育

仙台初詣就職成就 IT業界の職種と就職 教育

教育部門の職種です。

教育は、主にソフトウエアベンダーやその販売代理店やパートナー企業で主に需要のある職種になります。

今やベンダー企業にとって、ユーザー教育は製品シェアの拡大にとっては欠かせない戦略のひとつになっています。

一昔前であれば、「いい製品を提供すれば、市場はおのずとついてくる」といったようなスタンスでの企業戦略でも生き残れたのかもしれません。

もちろん、今でも製品の品質がよくなければ、市場を掴むことは難しいのは当然なのですが、IT技術がコモディティ(必需)化していく中で、各企業とも積極的にエンドユーザーや開発技術者の育成の為に、理解しやすい訓練やドキュメントの充実にも力を入れています。

教育が関わるのは商用のベンダー製品だけではありません。

最近では、Javaなどに代表される、無償で使用できる開発環境やオープンソースとして開発されている技術等の訓練も盛んに行われています。

教育の仕事内容としては

  1. インストラクター
    訓練受講者に対して、実際に訓練を行う仕事です。
    基本的には、その製品または、技術に関しては初心者である受講者への訓練が主ですが訓練の内容によっては、スキルの高い開発者などを相手に行うこともありますので、当然、そういったコースには高い技術力が求められます。
    また、受講者からの質問に的確に答えられるコミュニケーション能力や、その場で回答が難しい質問などについては、訓練後のフォローアップなども必要です。
  2. 訓練コース・サービスの企画・開発
    訓練の教材やエクササイズの企画や開発をする部署です。
    より製品や技術に関する高い知識が求められますし、その訓練に関する需要なども把握する必要があります。
    また、開講される訓練のスケジュール管理や、インストラクターや訓練施設などのリソース(資源)の管理、コースの宣伝・広告などの業務もまかなうことになります。
  3. 訓練マテリアルのローカライズ
    技術や製品が米国をはじめとする海外発祥のものである場合も少なくありません。
    そのような場合には、英語で記述されたマテリアルを日本語訳して使用するなどのケースもあります。
    その場合には、翻訳工数の見積もりや、スケジュール、コスト管理、また、日本の需要にあわせて、受講生用に独自のマテリアルを追加・編集したりすることもあります。



    仙台初詣就職成就 IT業界就職 必勝法ページTOPに戻る