仙台初詣就職成就 IT業界就職 必勝法

面接のポイント

仙台初詣就職成就 目指せ!IT業界

仙台初詣就職成就 面接のポイント

仙台初詣就職成就 面接は1社毎に対策をしよう

面接を受ける会社、1社毎に対策をする。
当たり前のようですが、これ、とても重要だと思います。

私は、個人でWebから直接応募する場合には、それぞれの企業毎に履歴書、職務経歴書にも調整を加えます。

もちろん面接の場合にも同様です。

人材紹介会社を使う場合には、人材紹介会社に一度渡した書類が応募する企業に渡ってしまうので、企業ごとに修正できませんがその分、特に面接で補うようにします。

当然といえば、当然なんです。
それぞれの企業で求める人材、能力はそれぞれ違うわけですから。

面接対策その1 その企業の情報を徹底的にインプット。
面接対策その2 その企業で貢献できるポイントを明確にする。

企業にとっては「その人を採用したら会社に恩恵があるか」ということが最終的なポイントだと思うんです。

それで「自分を採用したらどのようなメリットがその企業に対してもたらされるか」「自分はどのように過去の経験を活かし、何ができて、その会社にとってどのようなメリットをもたらすことができるか」ということを明確にまとめておくことが大切だと思います。

仙台初詣就職成就 あなたが企業を審査する場でもあります

面接は、企業側があなたを審査ばかりではなく、あなたも企業を審査する場でもあります。

特に、実際にその企業を訪れると、オフィスの雰囲気や、社員の仕事のスタイルその会社の社風など、外からはわからない情報がたくさん得られます。

そういったところから、自分がこれから先、快適に働いて行くことができそうかのヒントにもなったりします。

私が結構、直感型の人間だからなのかも知れないのですが、オフィスを訪れた時に「ここは向かないな」などと感じたりしたこともありました。

ほどんどの場合は、直属の上司となるべき人があなたを面接すると思いますが、1つ上のレベルの人が面接をすることもありますので、その時は、なるべく、直属の上司となる人とも会っておきましょう。

そして、その人の仕事のやり方や考え方なども聞いておくといいと思います。 ひとつの判断材料になります。

仙台初詣就職成就 英語面接でのポイント

外資系を受けられる方は企業の規模やポジションによって、英語面接の可能性もあります。

英語面接、となると緊張してしまうような場面もあると思いますが、ポイントを押さえて乗り切っていきましょう。

私の経験から気をつけてほしいなぁと思うことは、

  1. 流暢に話すことに気を取られすぎない。

    面接官が外国人だったりすると、ついつい流暢に話さないと。。。と気構えてしまいがちですが、そこに気を取られすぎないようにした方がいいと思います。

    面接官が知りたいのは「英語が流暢に話せるか?」ではありません。
    「英語でのコミュニケーションで仕事ができるかどうか」です。

    流暢にと意気込んでいると、その上緊張もしていると思いますので、思った以上に早口になってしまいがちです。

    私達は、日本語のアクセントがどうしてもありますから、あまり早口では逆に聞き取りにくくなってしまう可能性があります。

    大切なのは、日本語の面接と同じです。

    自分がいかにその会社で貢献できるかをしっかりと伝えましょう。

  2. たどたどしくても、情熱を伝える。

    中にはあまり会話が得意ではない方もいらっしゃるとおもいますが、エンジニア職などでは、Eメールでの読み書きさえできれば問題なく「英語で顧客と交渉できる」ほどの英会話力が求められる事は多く ありません。

    たどたどしくても、きっちりとした自分の技術力、思考力などをしっかり持論を持って伝えていきましょう。

    それができれば、十分カバーできます。入社してからでも英語力は伸ばせます。



仙台初詣就職成就 IT業界就職 必勝法ページTOPに戻る